革靴セレクト:サラリーマンにおすすめのビジネスシューズ

当サイト「革靴セレクト」は、サラリーマン・営業マンにおすすめしたい革靴の選び方や、革靴の手入れ方法についてまとめた革靴の専門サイトである。

私の革靴ラインナップ

リーガル

世代を超えて愛されるリーガル。日本を代表する革靴ブランドであり、幅広の日本人の足によく合う。数々の海外ブランド革靴を履いてきたが、結局こうしてリーガルの革靴に原点回帰している。値段も3万円以内に抑えられ、かつ丈夫で壊れにくい日本製革靴の強みも感じる。

アシックス・ランウォーク

アシックスの革靴と聞いて驚いた方も多いだろうがこれは侮れない。まるで運動靴を履いているかのような快適性と軽さ。それでいて見た目の印象は、リーガルやスコッチグレインなどに負けず劣らず精巧な作り。機能面を重視したい方はアシックス・ランウォークがおすすめだ。

三陽山長

三陽山長はハッキリ言って値段が高い。しかし、日本の革靴ブランドの中では間違いなくナンバー1だ。日本独自の緻密な縫製技術、それに応える上質な革、全てハンドメイドで手がけられた三陽山長は、日本が世界に誇るブランド革靴である。

ペルティニ

海外ブランドでお気に入りを挙げるとすればペルティニ。つま先から踵にかけてくびれのある引き締まったフォルムはハンサムフォルムとも言われ、スーツの着こなしをより高める。海外ブランドでありながら3万円台で購入可能なので、コストパフォーマンスが高い。

テクシーリュクス

テクシーリュクスはとにかく安い。しかし質も良い。革靴は値段による良し悪しが比較的はっきりしているが、テクシーリュクスは機能面が充実しており(軽量・除湿性・防水)、かつ天然の牛革を使用。「一生テクシーリュクスだけで行きます!」と言い張る私の部下もいるが、それを否定出来ないほど性能が高い。

ジョンロブ

ジョンロブは別名「王者の革靴」とも言われるイギリスブランド。エルメス傘下の革靴で、国内外問わず紳士靴の最高峰として君臨する。「私のおすすめ」というより、いつかはジョンロブを履ける日が来るよう頑張って欲しいと、エールの意味を込めて最後に紹介した。

革靴・ビジネスシューズの基本

pixta_18185383_M

営業マンが選ぶべき革靴は?

値段や見栄・ブランドで営業マンが革靴を選んではいけない。ブランドは購入後の結果論であって、銘柄で革靴を選ぶと間違いなく失敗する。ここでは営業マンにおすすめしたい代表的な革靴と、私が実際に履いて良かったと思えたものだけを紹介している。

革靴は毎日手入れする

革靴の手入れは、毎日行うもの、毎週行うもの、毎月行うもの、半年に1度行うものがある。「毎日」と聞くと億劫に感じるが、恐らく頭の中にあなたが思い描いている「毎日」の手入れと、ここで言っている手入れは異なる。革靴の手入れは営業マンにとって仕事の一環なので必ずマスターしておきたい。

革靴は4足以上用意する

革靴は「必ず」4足以上用意する。理想を言えば出勤日に併せて月~金で違う靴を用意すべき。理由は、人間の足は1日に200ml以上の汗をかき、革靴に染み付いた汗を除湿し切るのに3日程度かかるからだ。乾き切らない前に革靴を履いてしまうと、カビや傷みの原因になり、革靴の劣化を早めてしまう。

シューケア用品は何を選べばいい?

革靴の手入れは手入れ用品で決まる。しかしそれは「高いものを買いなさい」というわけではなく、その革靴に合ったものを買うという意味。ブラシ・クリーナー・クリームは最低限用意するが、シューキーパーは無理して買う必要はない。革靴より高額なものも多いため、厳しければ新聞紙を詰め込むだけでもOK。

国産革靴と外国製革靴の違いは?

日本人の海外ブランド好き趣向は異常とも言える。やはり日本人の足向けに造られている革靴の方が、日本人に合っている。しかしデザインという側面でみると、やはり海外製の革靴にも素晴らしいものが多い。しかしその分手入れも難しくなるため、営業マンは安くて品質の良い国産革靴を買うべきだろう。

ビジネスマンが購入している革靴の相場は?

日本のサラリーマンが革靴にかけている革靴の相場は1足2万円ほど。5万円の革靴と10万円の革靴には大した差はないが、1万円以下の革靴と2万円の革靴には大きな差がある。壊れにくく、一定以上の質を伴った革靴であれば2万円~3万円のものを選ぶと良い。

革靴の国別ブランド

姉妹サイト