大企業と中小企業の転職採用に違いはある?

大企業と中小企業の転職採用には大きな違いがある。一番は選考の少なさである。転職ではより良い人材を求めているため、どの企業も慎重になりやすい。しかし、大企業とは違い中小企業は採用に時間をかけている暇もない。採用している期間も会社の人件費が消費されているためである。そんな、選考が少ない中で優秀な人材をとるために試行錯誤している。

大企業と中小企業の転職採用の違い

tenshokusaiyou

大企業は優秀な人材を確保するために、広告費・人件費い多大な金額を使っている。しかし、中小企業では大企業のように多大に費用をかけることができない。そのため、費用削減のために試行錯誤しながら採用活動を行っている。大企業と中小企業の転職採用の違いについて紹介していこう。

選考が少ない

費用削減の一番は選考が少ないことである。手を抜いているわけではなく、一次選考を面接と筆記試験を同時に行い選考を少しでも減らしている。大企業では一次選考は筆記試験のみ、二次選考から面接と段階に分けて行っている会社が多い。中小企業は選考の時間を長く取ることで、筆記試験と面接を同時に行っている。中でも一次選考から役職や役員クラスの面接官が待ち構えている可能性も高い。

言い方は悪いかもしれないが、「良い人材を手放さないようにさっさと選考を進めてしまおう」と言う考えである。大企業の選考の考え方は少し異なり、「もっと良い人がいるだろう」と保留にして良い人材を確保しようとする考えである。どちらも選考で「良い人材を採ろう」とする考えは一緒だが、応募者は前者の方が待たされないため気持ち的に楽である。

学歴を重視していない

大企業のように、「学歴は○○大学以上」という学歴フィルターも中小企業には存在していない。「即戦力」となる優秀な人材をとるために学歴など関係ない。実際に頭が良いから営業の数字が良いというわけではない。それでも、大企業が高学歴の方を採りたがる理由は、会社のブランド力を落とさないためにあると言われている。

大企業は学歴だけでなく資格やスキルを重視している

「資格を持っていると転職は有利」と言われているが、冒頭に「大企業に就職したいなら」という言葉を付け加えてほしい。PCのスピードやスキルを重視するのも大企業に多い選考基準である。先ほどの「頭が良い=仕事ができる」といったものと同じだが、パソコンスキルがなくても仕事ができる方は多い。パソコンが全く使えなくても、営業マンなら事務と連携して資料を作成することができる。また、できる営業マンほど資料は無駄な資料は持たず言葉巧みにモノを売ってくる。

その会社で何をしたいかと明確にする

大企業より中小企業の選考で求められることが多いことが「志望動機」である。明確にすべきはその中小企業だからこそ挑戦できることや会社の成長を共に感じたいなど中小企業ならではの答えを求めてくる会社が多い。中小企業の選考は志望動機をしっかり固めていけば面接官がどんな方でも柔軟に対処できる。

大企業より中小企業は自分が選ぶ側に回れる

中小企業のように選考が進みやすいと他の転職先と平行して受けやすい。とりあえず内定をもらっておきもっと良い会社を探す時間もできる。内定の返事を転職先に待たせ過ぎても失礼なため、待たせても1週間が限度である。選考の遅い大企業は、次の選考に進むまでに1週間以上もかかる会社もあるため、選考を同時並行させることは難しい。また、待たせているということはそれだけ応募者が多く転職先が迷っている意味もある。その時点で採用の主導権は採用先の会社にある。自分が不利に見らがちな転職活動だが、主導権は常に自分が握っていることが転職で失敗する可能性を下げる。