【G.H.BASS】アメリカが誇る世界初のローファーブランド

G.H.BASS(ジー・エイチ・バス)は世界初の「ローファー」のブランドとして1876年にアメリカで誕生。

コインを挟んで履くスタイル(コインローファー)もG.H.BASSが根源。そんな歴史が深いG.H.BASSは今なお日本でも人気が高く、靴としての品質も一級品。特に「ローガン」はG.H.BASSの代表作として、また全てのローファーの礎を築いてきた定番作品。

最近ではビジネスシーンでもローファーを履いたり、カジュアルシーンでは靴下を脱いでオシャレに決めるスタイルが日本でも流行している。間違いの無いブランドもののローファーを探している方であればG.H.BASSは特におすすめ。

G.H.BASSの種類と特徴

LOGAN(ローガン)

G.H.BASSで決めるならまず「LOGAN」は外せない。冒頭でも解説したが、LOGANはG.H.BASSの代表作でありながら世界にローファーをここまで広めた礎的な作品。

特にバーガンディのカラーはG.H.BASSの特徴とも言えるため定番のブラックよりもこちらをセレクトする方が少し鼻が高い。またバーガンディにすることでカジュアルでもビジネスでもどちらでも合わせやすいため一足は持っておきたい。

LARSON(ラーソン)

PASADENA(パサデナ)

スウェード・ヌバック素材のシューズも用意している。価格帯も1~2万円台、カラーバリュエーションも豊富。

LAYTON(レイトン)

キルトタッセルローファーの「LAYTON」。非常にドレッシーなデザインだが履き心地は柔らかめなのでカジュアルにも履きこなせる。