通勤快足(ツウキンカイソク)の革靴を履いてみた口コミと評価

通勤快足(ツウキンカイソク)といった革靴が、営業マンのサポートをする革靴として人気である。ゴアテックスの採用した防水性と通気性は足に対する履き心地を実現させる。足に熱がこもらないことで足汗の改善となり、靴の臭いと同時に脱いだ瞬間の足の臭さも軽減される。

通勤快足の特徴と種類について紹介しよう。

通勤快足(ツウキンカイソク)の特徴と種類について

通勤快足の特徴

インソールに採用されている「コーキンマスター」は防菌・防カビ効果に優れており、汗を書きやすい子供の上履きとしても採用されている。

革靴として一番驚いたことが、アウトソールの交換が自分でできてしまうことだ。DIYヒールという独自のソールを使っており、すり減りやすい踵の交換式をを搭載している。踵がすり減ると、交換のサインとしてソール赤いラバーソールが出てくる。その際あ、踵部分のみを自分の手で剥がして交換する。※踵交換式は全ての通勤快足で搭載されているわけではないので買う際にアウトソールを確認してほしい。

ゴアテックスを採用したソール

通気性と防水性を同時に実現させることを可能性にしたのが、丈夫で極めて薄いフィルムのゴアテックスメンブレンだ。薄いだけでなく、ソール全体に広がる1平方cmあたり10億個以上ににも及ぶ微細な穴は、水滴を通さない大きさにも関わらず、水蒸気は通すつくりとなっている。これは、他のただ穴だけを開けて通気性を確保した革靴とはことなり防水性も完備したつくりとなっている。

アウトソール自体にも通気性を向上させる穴が開いている。その穴はインソール部分との接地面に防水フィルムと特殊スポンジが張られており、内部からの水蒸気のみを排出する仕組みとなっている。そのため中に水滴が入り込む心配はない。

マルチファイバーソール

https://www.amazon.co.jp

https://www.amazon.co.jp

少し他のソール部分とは異なるつくりとなっており、歩く際に地面とのグリップ力を高め雨の日でも安心の高い耐滑性を可能にした。

クッション性の高いインソール

衝撃の受けることの多い踵部分の下にエアーポンプを装着した。踵の衝撃をエアーポンプによってスポンジ以上のクッション性を高めた。また、インソール全体が弾力性に優れているため、屈曲しやすく足への負担を最低限に抑えている。

通勤快足(プレジデント)の種類

踵交換式シューズ

革:牛
通勤快足の中で踵交換式を搭載した革靴になる。アッパーには牛革が使われており、見た目からはブランドの革靴の遜色ない見た目だ。アウトソールが見ない限り見た目からは色々な機能が搭載されているような感じはない。また防水加工が施されたことで急な雨でも対応できる。アウトソールについてもどの「通勤快足」でも耐滑性には優れている。細身のデザインからは想像しづらい程の機能性だ。

ローファー

革:カンガルー
革靴では珍しいカンガルーの革だ。牛の耐久性には劣り革が剥がれやすいが、柔らかさは牛以上の感じた。最初から柔らかいため非常に足に馴染む。また薄い革なので軽量な履き心地だ。

通勤快足(プレジデント)はどんな人に向いている?

ビジネスマンであれば、耐久性や機能性を考えても1つは持っておいても良いだろう。価格もどれもお手頃で革靴の平均予算である2万円以内におさまっている。履き心地としても、蒸れることもなく快適さでは他の革靴と比べても群を抜いている。デザイン性に凝ったものが少ないため、ビジネスシューズの種類として飽きがくる可能性がある。なので、ローテーションの1つとして持っておくこと。それにより他の革靴が休むことができるのも革靴の長持ちの秘訣である。また、こういった通気性の高い革靴は出張先などの持ち物を少量に済ませたいとき、この革靴1つだけで済ませることができるのもメリットになる。