【ホーキンスの革靴】プレミアムクールストレートチップを履いた評価

革靴の欠点は「蒸れやすい」ということ。人は一日にコップ一杯分(200ml)の汗をかくと言われていて、通気性の悪い革靴の中ではサウナ状態。

そんな問題を解決させるために通気性を考慮したのが、ホーキンスプレミアムクールストレートチップである。靴の中で一番蒸れやすい足の付け根の部分を中心に通気孔がある。インソールにも拘り、メッシュ素材でできたまさに通気性だけを考えた革靴について紹介しよう。

プレミアムクールストレートチップの基本情報

S__19046439
タイプ ストレートチップ
CUOIO(茶色)
素材 アッパー:天然皮革、足底:ゴム
原産国 イタリア
価格 8,532円(税込)
評価 ★★★☆☆

見た目は、他の革靴と何の代わりもない。横から、見ても足に何か工夫がされているなんてわからない。実際に履いてみていこう。

履いてみた印象

履き心地は?

少し横幅が広いように感じた。革は柔らかく、最初から履いても靴擦れが気になることはなさそうだ。

通気性は?

S__19046437
S__19046440

歩く度に、足の中に風が入り込む感覚がある。かなり通気性は高いように思う。裏面がこのように、デザインに問題がでないように、外から見えない所や熱がこもりやすい場所を最大限に通気孔がある。中敷き(インソール)を抜いてわかるのだが、右側(2枚目)の写真のように後ろのカーペットが透けて見えるぐらい網目状になっている。

水も入り込むほどの通気性
写真でわかるように、かなり通気性には考慮されている結果、こういったところから水が入り込んでしまうことが欠点になる。通気性と防水性の両方を兼ね備えることは難しいように感じる。

足底の減りは?

足底に使われているゴムの素材はスニーカーに使われている素材に近く、減り具合としては特に弱い印象はない。

経年変化は?

伸縮性がありシワは付つきにくい印象を受けた。磨けば磨くほど光沢が出るように感じない。どちらかというと、キズついた箇所を修復して、靴クリームを多用することを考えると色が濃くなる印象を受けた。

汚れ・キズ具合は?

S__19046441

つま先部分の写真になるのだが、履いて一週間ぐらいで小石のキズがついた。キズがつくとこういった形でその部分の色が薄くなる。靴クリームで修復することは可能だが、少しキズに対しての耐久力はないように感じる。

コストパフォーマンスは?

8532円という価格でここまで、通気性を考慮したつくりには良い印象だ。デザイン性があまりなく、シンプル過ぎて足元をオシャレにしたい人には物足りない感じはある。暑い日に使う分には良いので、ローテーションの一つとして持っていても良いだろう。

ホーキンス プレミアムクールストレートチップはどういう人に向いている?

「1万円以下で通気性を最大限に考慮した革靴がほしい人」には向いている。通気性の良い革靴には、足汗がかきにくい、革靴の中の臭いを抑える効果が期待できる。デザイン性ばっかり気にしても、機能性に特化した革靴も一つは持っていても良いように感じた。シーン合わせるためにも、用途にあった様々な革靴を選んでほしい。