「足の臭い担当者」と思われないために~革靴の臭いを一瞬で消すテク

営業マンとしてお客様のご自宅に上がったり、社内に案内されスリッパに履き替えたりすることはあると思う。そんなときに「ぷ~ん」と、”自分のもの”と思われるニオイで辺りが充満してしまったらその取引は確実に失敗するだろう。

そもそも足の臭いというのは、足・靴下・革靴の3つからなり、最も臭いが強烈なのは「靴下」である。従って即効性のある足臭対策として最も効果があるのは「靴下の交換」である。

ニオイを一瞬で消すたった一つの方法

繰り返しになるが、それは、靴下を履き替えること。

足の汗・垢・皮脂を吸い込み、密閉空間に閉じ込めて発酵させた靴下は最上級のニオイと化す。それをなお身にまとってお客様のご自宅に上がるというのだから失礼極まりない。また来客用のスリッパなどは総じて通気性など皆無のものばかりなので更に悪化させてしまうことだろう。

スプレーでも、粉でも、制汗剤でも、ツボでもない。
ニオイを一瞬で消す最も早い方法は靴下を履き替えることのみ。「私は臭い」と自負している者は、替えの靴下を常に常備しておくよう心がけること。

ニオイを根源から消す3つの方法

ここからは、根源からニオイを見直す方法について解説する。

しつこいニオイは「重曹足湯」で完全消臭

足のニオイの原因は、汗や角質で分解されてできたイソ吉草酸という物質がニオイを発生させている。納豆のようなニオイと言われているものがこの物質である。重曹に含まれて弱アルカリ性である重曹が酸性のイソ吉草酸を中和させる役目を果たす。

重曹足湯の作り方

足の入る大きさの桶に38℃~40℃(丁度お風呂の温度)のお湯を張り、重曹を10g~15gを入れてかき混ぜ溶かす。溶かされてできた足湯に足を10分程付ける。1回ではニオイが消えないときは、数日かけて何度も行うことでニオイは消える。

5本指ソックス

5本指ソックスは足の指を一本一本覆い独立させるため、指の付け根に存在する皮脂が靴下にうまく吸収される。臭いは【皮脂×垢×汗】が混ざったものであるため、充満させないようにする5本指ソックスはニオイ予防の観点から有能なのだ。

通気性が高い革靴を履く

http://www.shoes-street.jp/

http://www.shoes-street.jp/

靴下と革靴を変えるだけで臭いは90%以上消すことができる。ニオイが生まれる条件は、革靴という「密閉空間」にある。従って、通気性・透湿性を兼ねた革靴に履き替えることでニオイは意外にも簡単にカットすることができるのだ。

リーガルのゴアテックス革靴ってどう?ビジネスシューズの定番となるか

2016.04.21

「臭い担当者」と言われないためには

オシャレは足元からと言われているが、そんな足元が臭かったら印象は最悪である。

見た目が良い人もニオイで印象が底に落ちることになる。どんなにプレゼンが最高でもその人の息が臭かったら話が入ってこないのと同じように、足元のニオイも営業マンであればスマートに対策したい。