オフィスカジュアルの服装に合う革靴比較ランキング2018

オフィスカジュアルの服装に合う革靴として抑えるべき点は以下のとおり。

  • デザイン性
    オフィスカジュアルといっても、あくまでビジネスの場で履くため、カジュアル過ぎると相手に不快感を与えてしまう。おしゃれな中に清潔感を演出したい。
  • オリジナリティ
    オフィカジュアルの服装はかしこまったスーツと異なり、あなたの個性が出る(出せる)。デザイン性と同様に、型にはまらずそれでいて大人
  • 履き心地
    スーツのようにカッチリしていない分、ラフで働きやすさを求めているため履く革靴にもラフで履き心地に優れているものを選んでほしい。

オフィスカジュアルは会社として気遣いで少しでも働きやすいように考慮されている。内勤での勤務の方に多い服装である。

オフィスカジュアルの服装に合う革靴比較ランキング

1位:オパンケ製法「ペルティニ」

ブローグといった穴飾りも「カジュアルさ」としては重要だが、やはり大胆かつ独自性の感じれるものはオパンケである。色の違うものを使うことでさらにカジュアルかつ上品な印象を与える。他の人とも被りにくいことからオパンケは革靴を知る人ぞ知る製法である。ビジネスカジュアルの服装としても一番にオススメしたい靴である。

peruchart
商品名 ペルティニ
返品・交換 無料
素材
おすすめ度 ★★★★★

2位:アッパーデザインにアクセント「コードウェイナー」

ストレートチップでの繋目を革を上から被せて隠すことで縫い目が見えないようになっている。こうしたちょっとしたアクセントは周りからの評価が高く、独自性が感じられるポイント。黒スーツを着る冠婚葬祭ではカジュアルすぎてオススメできないが、ビジネスシーンでは問題なく履ける。特にコードウェイナーはこのつなぎ目のこだわりが強く、デザインも豊富。

cordchart
商品名 コードウェイナー
返品・交換 無料
素材
おすすめ度 ★★★★☆

3位:スニーカーのようなクッション性「コールハーン」

タッセルローファーはかなりカジュアルな印象が強い。丸みのあるフォルムとクッション性抜群のインソールが最高の履き心地を実現させる。ローファーであるため着脱も快適。足元から涼しさを感じさせることから夏場には活躍する革靴でもある。画像はローファーだが、コールハーンには他にもカジュアルでビジネス向きの革靴がたくさんある。

corchart
商品名 コールハーン
返品・交換 無料
素材
おすすめ度 ★★★☆☆

オフィスカジュアルの服装に合う革靴のポイント

上位2位はカジュアル過ぎない服装に合う革靴である。オフィスカジュアルの服装の会社はその幅はそれぞれ異なってくるため、ジーパンにYシャツで勤務する会社や、カッチリとした紺や黒といった色味のジャケット・スラックススタイルの会社などもある。どの会社であっても、革靴に少しのカジュアルさを求めて良いものだ。折角、服装が自由でスーツよりラフになっている分、足元がカッチリし過ぎては全体のバランスが悪い。ローファーはかなりカジュアルだが、オフィスカジュアルの服装では珍しくもない形である。