いくら出しても買いたいイタリアブランド革靴比較ランキング2018

イタリアの革靴は加工技術に優れている。

  • 色ムラ
    職人の技術によって何度も塗り重ねられて出てくる色ムラである。
  • 光沢
    革を最大限に活かすために磨かれなめし加工によって光沢は生まれる。

いくら出しても買いたいイタリアブランド革靴

1位:パティーヌ加工「フランチェスコべニーニョ」

フランチェスコべニーニョはイタリアブランドの革靴の中でも圧倒的な革の存在感が光る。イタリアの職人は口を揃えて「アッパーはキャンパスだ」と言うぐらい、アッパーの塗装には一番の技術を感じる部分である。何度も塗り重ねられてできたこのムラはパティーヌ加工と呼ばれており独特のムラ感である。このパティーヌ加工を施されているイタリアの革靴はどれも8万円以上もするものばかりだが、この価格で味わえるのはフランチェスコべニーニョだけである。

商品名 フランチェスコべニーニョ
返品・交換 無料
素材
おすすめ度 ★★★★★

【フランチェスコべニーニョの詳細】
Amazon

2位:革が輝く美しい革靴「ア・テストーニ」

ア・テストーニはイタリアを代表する美しい靴と言われている。フォルム・アッパーの装飾・加工・ソール・ブラッシングといった全200工程を経て仕上げられている。その革の輝きは革自身の光沢を最大限に引き上げられている。ボロネーゼ製法によって足のフィット感も向上されているが、非常につくりとして柔らかいため耐久性が落ちてしまう。履き心地を追求したことの代償になってしまうが、耐久性以上の価値を他の部分で感じさせる。

商品名 ア・テストーニ
返品・交換 無料
素材 カーフレザー
おすすめ度 ★★★★☆

【ア・テストーニの詳細】
公式サイト
Amazon

3位:無骨なデザインが人気「ベッタニン&ベントゥーリ」

ベッタニン&ベントゥーリはイタリアブランドの革靴の中でも無骨で頑丈である。分厚いソールを手縫いによって縫われるカデノン製法はベッタニン&ベントゥーリで代々受け継がれた職人しかできない製法である。イタリアの革靴は細身でスタイリッシュと概念が多い中でも確かな技術と耐久性で人気を集めた。分厚いソールには履き心地を重視された分厚いクッションも入れてあるため、足への衝撃も和らげる役割を果たす。

商品名 ベッタニン&ベントゥーリ
返品・交換 無料
素材
おすすめ度 ★★★☆☆

【ベッタニン&ベントゥーリの詳細】
Amazon

いくら出しても買いたいイタリアブランドのポイント

イタリアのブランドならではのデザインを感じる点ではパティーヌ加工の「フランチェスコべニーニョ」が一番である。オシャレな革靴といった点で革を染め上げる技術はイタリアならではのものだ。2位の光沢を引き出された「ア・テストーニ」の確かなものだが、独自性を感じにくいものになってしまう。3位の「ベッタニン&ベントゥーリ」は無骨で頑丈な革靴でもイタリアで人気があるのはその技術性を評価したものである。