年収1000万超えが履いている高級ブランド革靴比較ランキング2018

年収1000万超えが履くにふさわしい革靴の特徴や、今回のランキングを構成する上で重要視した点は以下の通りだ。

  • 革質
    カーフ、コードバンなど、高級革を使っている点に注目。
  • ブランド
    ブランドで革靴の良し悪しが決まるわけではないが、一定のランクまで到達するとブランド負けしない自分を構成する要因となる。
  • 価格帯
    最低でも15万円以上の革靴を選定。

年収1000万超えが履いている高級ブランド革靴

1位:紳士靴の王者「ジョンロブ」

ジョンロブは150年の歴史ある革靴として常に最高品質と気品を持ち合わせた革靴である。既製靴であってもイギリスの歴史的なビスポークの技術とフランスのデザインによる美しさを合わさったことが革靴ブランドの頂点にいる理由である。まさに、年収1000万円を越える日本人の人口の5%にも満たない頂点の人間こそ履くべき靴と言える。革の品質としては最高級を使っているが、同じ質の革であれば8万円程で抑えられることはできるが、それ以上のブランドとしての価値がジョンロブにあることを値段からも感じさせる。

jonrobchart
商品名 ジョンロブ
返品・交換 無料
素材 カーフレザー
おすすめ度 ★★★★★

2位:イタリアを代表する最高級革靴「フェラガモ」

ハリウッドスター御用達の革靴といえば、フェラガモである。医学的見地から作られた革靴は履くだけで足が正しい形に矯正されて疲れにくく、履き心地を追求されている。海外のセレブに好かれる理由としては独特なデザイン性が魅力である。シンプルな形と色で勝負するブランドも多い中で独創的で色合いなどにもフェラガモならではの技術を感じられる。1日に10足しかつくることのできない貴重性と徹底ぶりがイギリスで革靴ブランドとしてトップに君臨している理由でもある。

feragamochart
商品名 フェラガモ
返品・交換 無料
素材 カーフレザー
おすすめ度 ★★★★☆

3位:コードバンを活かした名ラスト「オールデン」

革の中でも最高級のコードバンを贅沢に使用した革靴としてアメリカのオールデンが有名である。こちらもフェラガモと同様に整形医学的見地から設計した矯正靴として有名になった。またラストの豊富さからも魅力として挙げられており数々の名ラストが生まれている。世界からも人気が高く、常に品薄となっているモデルが多いのも特徴のひとつである。写真でみてわかるようにデザインはどれも無骨であるが、エナメル加工のように隠し切れない光沢はコードバンの魅力である。

ordenchart
商品名 オールデン
返品・交換 無料
素材 コードバン
おすすめ度 ★★★★☆

年収1000万超えが履いている革靴のポイント

ハッキリいって価格なんて考えていないだろう。そこまで稼ぐデキる営業マンであれば、ブランドとしての価値を最重要視しているものだ。最高級であれば、それに伴う革質や履き心地が最高の質になってくることは必然である。ブランド料としても世界最高の価値を見出しているのは「ジョンロブ」である。価格の半分以上がブランド料としてあり、普通の人であれば絶対に手の届かない存在でもある。年収1000万円を越える人達には一般人の手の届かない存在といった印象を足元からも感じさせ、常に社会のトップに居続けてほしいと私は思っている。