いくら出しても買いたいアメリカブランド革靴比較ランキング2018

グッドイヤーウェルト製法の本場はアメリカである。アメリカの革靴は履き心地に優れておりサイズ展開も豊富である。

いくら出しても買いたいアメリカブランド革靴比較ランキング

1位:医学的見地で設計された高級靴「オールデン」

オールデンはアメリカ革靴の中でも端正に質を極めた革靴である。整形医学的見地から設計されたことにより、足を矯正して正しい形で歩かせることで足の負担を軽減させる。質でも最高級の革コードバンを贅沢に使用したものが多い。ラストの豊富さも魅力で自分の足に合った最適な靴を見つけられる。オールデンは履き心地や質、丁寧な作りなどあらゆる面でアメリカを代表する革靴である。

商品名 オールデン
返品・交換 無料
素材 コードバン・カーフレザー
おすすめ度 ★★★★★

【オールデンの詳細】
公式サイト
Amazon

2位:ナイキエアー搭載のクッション性に優れた革靴「コールハーン」

コールハーンはスニーカーなどに用いられるナイキエアが革靴に搭載されている。スタイリッシュな外見からは想像もできない高機能なつくりとなっている。スニーカー文化の根強いアメリカの考えが革靴にも反映されており、確かな履き心地を実現させた。他にも日本人の足幅に合わせたJウィズというモデルもあり、他の国にも通用するものをつくり続けている。日本人に合う広い幅のものを探すのであれば靴の頭文字に「J」の名前が入ったものを買うことだ。

商品名 コールハーン
返品・交換 無料
素材 本革
おすすめ度 ★★★★☆

【コールハーンの詳細】
公式サイト
Amazon

3位:アメリカ大統領の履く革靴「ジョンストン&マーフィー」

ジョンストン&マーフィーは歴代アメリカ大統領が愛用してきた革靴として有名である。緻密な設計と厳選された素材により確かな技術でつくられた革靴である。今では日本の大塚製靴で生産が開始されており、アメリカと日本の2ラインで作られている。今後の展開ではインポートラインやカジュアルラインまで手懸ける予定だ。ラインナップも増やしさらに人気の高まるブランドである。ビジネスからカジュアルまで様々な場でジョンストン&マーフィーを見ることが多くなるだろう。

商品名 ジョンストン&マーフィー
返品・交換 無料
素材 カーフレザー
おすすめ度 ★★★☆☆

【ジョンストン&マーフィーの詳細】
公式サイト
Amazon

いくら出しても買いたいアメリカブランド革靴のポイント

アメリカンの印象を覆す靴といった点では1位オールデンの印象が強い。「一度履いたら忘れられない」という衝撃を受けた。コードバンが足に馴染む感じや足を矯正させることで負担を軽減させ履き心地にも考慮された感じはオールデンでしか味わうことができない。2位のコールハーンやジョンストン&マーフィーも確かな技術を感じられるが、衝撃を受けたのはオールデンだけであった。