新入社員・新社会人におすすめ革靴・ビジネスシューズランキング2018

新入社員・新社会人が履くと上司からの評価が高くなるポイントは以下の5つである。

  1. 耐久性
    革の耐久性や靴底の減りに対する耐久性。
  2. 手入れのしやすさ
    初心者でも手入れがしやすい革靴であること。
  3. クッション性
    履き心地や機能性をチェック。
  4. 価格
    革靴の長持ちの秘訣はローテーションであり、最低でも4足必要になる。4足分の出費を考えたうえで価格についても考えておこう。
  5. 見た目
    就活生に見られては恥ずかしいし、いきなりブランド革靴を履くと目を付けられる。身の丈に合った革靴選びが重要。

新入社員が履いていると上司から評価が高まる革靴ランキング2018

1位:知名度No.1の国産革靴「リーガル」

1位のリーガルは新入社員・新社会人が1足は持っておくべき革靴である。日本産であるがゆえに、日本人の足のカタチに合うゆったりとした履き心地とアッパーに使われている革の手入れのしやすさなどが特に優れている。また知名度も高いため「どこの革靴だ?」と聞かれても、リーガルであれば上司も一度は履いたことがあるだろうから、昔話を始めてコミュニケーションが取れるだろう。種類も豊富なので自分好みの革靴が見つかる。

reagal
商品名 REAGAL(リーガル)
返品・交換 無料
素材 牛革
おすすめ度 ★★★★★

2位:歩行性を重視したアシックス「ランウォーク」

新入社員の時は足元に気が配れるほどの余裕は無いはず。常にあたふた走り回ることになるため、いわゆる「いい革靴」を履くとすぐに劣化してしまう。ただ、ランウォークはアシックス社が開発した歩行サポート機能が付帯しているため、走っても雨に濡れても問題ない強い素材でできている。手入れもしやすく価格もお手頃、それでいて見た目もスマートなので、中堅社員の方にも好まれている。

runwarkchart
商品名 アシックスウォーキング Runwalk
返品・交換 無料
素材 天然皮革
おすすめ度 ★★★★☆

3位:リーガルの影武者「ケンフォード」

1万円代の革靴としては最もコストパフォーマンスに優れているのがケンフォードである。見た目はリーガルに引けをとらず美しいデザイン。しかし革質はリーガルに劣り、また少し固いので、手入れ不足に伴うヒビ割れを起こす可能性もある。アマゾンの口コミでも「1週間でヒビ割れた」という情報が掲載されていた。ただ、正しく手入れし、ローテーションをしっかり組んで履いていれば何も問題はない。

kenchart
商品名 ケンフォード(リーガル)
返品・交換 無料
素材
おすすめ度 ★★★☆☆

新入社員・新社会人が上司から見られているポイント

身だしなみに関しては営業マンとして常に上司は見ている。スーツのシワやシャツの汚れといった部分。しかし、デキる営業マンであれば真っ先に足元を注意深く見てくるはず。細部まで手入れが行き届いてるか、足元を見ればすぐにわかるというものだ。

その中でも「手入れのしやすさ」といった面では、履いていく内に革が柔らかくてなる牛革を使用した「リーガル」は好評価の対象。営業マンとして忙しい日々の中のちょっとした手入れで上司からの評価から差が出るだろう。