【ポールスミス】シティエンボストートバッグのレビュー&口コミ

ポール・スミスのバッグを購入したのでそのレビュー。出張用に少し大きめのバッグを新調してみた。

パルメラートエンボスを施した「シティエンボス」のトートバッグ。

「パルメラートエンボス」とは、ある模様を彫刻したロールを加熱しながら押し当てる印刷用語のこと。

写真の通り、細かく縦に模様が施され、光を当てるとキラキラと輝くさざ波のようだ。革の高級感やツヤを演出するためにポール・スミスがよく用いる独自の加工技術。

裏面。通常のレザーと比較し、傷・雨・埃・塵などに強いスプリットレザーを使用。ビジネス、カジュアル、どちらでも使用可能なデザイン性抜群のバッグ。天然皮革であるため常にこの状態を維持するのは難しいが、革靴のように皮革用クリーナーで月に一度ほどメンテナンスをすれば色落ちやひび割れも予防できる。

取っ手も長く肩にかけてもOK、手で持っても地面を擦らない絶妙な長さ。

カバンのサイズは縦30cm、横50cmと、ポール・スミスが揃えている商品の中でもかなり大きい。1泊2日の国内出張程度であればこちらで十分。

ポケットも多く、奥行きがあるのでたくさん詰めてもバッグが圧迫されず見た目も崩さない。収納性とデザイン性を兼ねた素晴らしい商品。

同じポール・スミスのクラッチバッグもバッグに入る大きさ。

ちなみにジップ付きの内ポケットにはポール・スミス独自のデザインが。一つのポケットだけにこうした遊び心を付け加えるのはポール・スミスらしさである。

なおこの商品の価格は42,000円(税抜)だが、Paul Smithは正規通販あるいは実店舗のみの販売であるため、楽天やAmazonで購入すると少し価格が上乗せされているため注意。正規のオンライン通販であれば定価+送料で購入可能。

ブランド Paul Smith
商品名 シティエンボストートバッグ
価格 42,000円(税抜)
素材 天然皮革 床革