上司や取引先から印象が良い茶色革靴比較ランキング2018

上司や取引先から好印象を受ける茶色の革靴選びとしては以下のポイントに気を付けたい。

  • 手入れ
    茶色の革靴は黒とは異なり、色落ちがしやすいため手入れの良さが見られる。手入れをすることで革の良さを引き出せるし、上質な革ほど手入れをすれば美しくなる。
  • 色合い
    黒とは異なり茶色では色ムラを出すことができる。しかし色ムラを生かすも殺すも手入れ次第である。
  • デザイン性
    色味に合わせたデザイン性は非常に重要。黒より明るい茶色は膨張色になるため、デザインや色味を誤るとかえって足元がダボ付いて見えてしまう。

上司や取引先からの印象が良い茶色の革靴

1位:アッパーの色使いが絶品の「フランチェスコべニーニョ」

イタリアの職人により、アッパーに何度も塗り重ねられた光沢とムラ感は茶色の革靴だからこそより感じられる。また、磨くことによってさらに輝きが向上されるため手入れのしがいがあるといったものだ。手間がかかるが、その分上司や取引先からに好印象を与える。

frachart
商品名 フランチェスコべニーニョ
返品・交換 無料
素材
おすすめ度 ★★★★★

2位:日本人の足に合わせたつくりと派手すぎない色合い「三陽山長」

三陽山長は日々、日本人に合う形と紳士靴の基本を追求している。色合いもどの靴も抑えられていていかにも日本人向けである印象を受ける。海外のような挑戦的な色合いは良いが、日本人である以上、あまり派手過ぎるのは悪目立ちしてしまう。控えめな茶色でせめる際におすすめである。

sanchart
商品名 三陽山長・堅四
返品・交換 無料
素材
おすすめ度 ★★★★☆

3位:アッパーのデザイン性が個性的「コードウェイナー」

明るめの茶色で最初からせめていくことも大事だが、始めは焦げ茶で探ってみることも良いだろう。そういった中でも「コードウェイナー」はアッパーの色だけでなく、細身でシュッとしたデザインと装飾に工夫を施された一品である。購入した人を飽きさせないデザインとなっているため、ただの焦げ茶色を買ったとしてもデザインでカバーできる。手入れもしやすいが、革質しては、1位の「フランチェスコべニーニョ」ほど、手入れのしがいを感じにくいものとなっている。

cordchart
商品名 コードウェイナー
返品・交換 無料
素材
おすすめ度 ★★★★☆

上司や取引先からの印象が良い茶色の革靴のポイント

茶色の革靴で他と勝負するには、「手入れ」が最も重要である。茶色の色合いや味気を最大限活かすのはあなた自身の日々の手入れにかかっていると言っても過言ではない。

基本的に上位3つの革靴は、履いていない時でも手入れが必要であり、オイル補給を忘れてはならない。言い換えれば、手入れがそれほど重要ではない革靴で茶色の革靴の魅力を引き立たせることはできない。